眼球のたるみは意外と目立つ!シミやクマなど老化のサインを見逃すな

目の中(眼球)にもクマやシミ、たるみができるんです!
目元の老化対策には「眼球ケア」も必要。

 

目元の老けに悩む女性は日頃スキンケアに気を使っていると思いますが、
目のアンチエイジングケアで、充血や視力だけでなくクマやたるみ、
シワも改善が必要だと言うことを御存知ですか?

 

眼球内にも肌と同じように「シミ」や「たるみ」
など老化のサインが出てきます。

 

特にハードコンタクトをしている方は要注意と言われているので
気になる方は今すぐ鏡でチェックしてみて。

 

例えば、加齢で白目もたるみの場合、下まぶたにうっすら
乗っているゼリー状の部分がたるみです。

 

そのままだとたるみだけでなく、目の中に赤み、黄ばみのシミが
ポツポツとできて一気に老け顔の仲間入り…。

 

こんな所からも老化が進むなんて衝撃的ですよね。

 

その原因と言われているのは、代表的なものでは紫外線。
お肌と同じように目もUVケアが必要なんですね。

 

外出時の紫外線カットにはサングラスだけでは不十分と言われています。
良く街で見かける日傘は、照り返しを防ぎにくいので、
つばの広い帽子とサングラスの併用が効果的だそうです。

 

ただし、最近では紫外線以外にも目のたるみの原因があります。
それは、パソコンやスマートフォンから発する、
「ブルーライト」と呼ばれるもの。

 

これが意外と厄介で、疲れ目やドライアイの原因にもなり、
目周りのクマや眉間の縦ジワなど様々な問題を引き起こします。

 

こういった状況にある目には、市販の目薬より眼科で処方してもらえる
粘りけのある点眼薬が良く効きます。もしくはドライアイ用の目薬も
多く出ていますので積極的に使用するようにしましょう。

 

また、パソコン作業や読書など目を酷使したときは、
血行促進のためにいつでもどこでもできるツボ押しを試してみましょう。
これは即効性があり、視界がクリアになります。

 

【風池(ふうち)】のツボ
後頭部中央のへこみと耳の後ろの出っ張りを結んだライン、
その中間辺りに入りしているツボ。上方向に押す。

【太陽(タイヨウ)】のツボ
こめかみの一番へこんだところにあるツボ。
指先でこめかみのくぼみをなぞり、内側にゆっくり押す。

【魚腰(ギョヨウ)】のツボ
眼窩の眉間寄り先端にあるツボ。
眉頭を下から上方向に向かって押します。
引っ張らないように注意して。

 

そして眼の奥まで、じんわり気持ちいい…
美容家電での目の周囲のマッサージもとても効果的です。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ